大原郁香  Ohara Yuka

プロフィール

写真:大原郁香

プロフィール

大原郁香(1988- )は尾道で生まれ、海と山に囲まれた自然に恵まれた島で育つ。
小さな頃から絵を描く事、創造意欲があった。

オーストラリアで語学留学中にオイルパステルで描くチョークアートを一目見て彼女は惹かれた。

帰国し、チョークアートを習得するために再度、オーストラリアへ行く。

2011年2月、チョークアートのプロフェッショナルコースを卒業する。帰国し、数々のオーダー作品の受注、展示、個展をする。
この時期、初めてアートをする喜びを知る。

会社を辞めたことで、フリーランスのチョークアーティストになる事を決心する。

彼女は再び、制作意欲が増し、広島だけでなく東京、横浜など、ロサンゼルス・イタリア(ボローニャ)国内外で展示していき、彼女の作品のファンが増えていく。

彼女は作品を制作していくうちに、植物を描く事を得意とし、彼女自身の内側を花で例えて表現した。(作品: inner fire)
彼女の感情を構図、色彩で表した作品は、多くの芸術家を輩出している二科会(Nika Association)で評価され、入選した。

彼女の作品は鮮やかな色彩と大胆な構図で観る人を魅了した。
そのイマジネーションは、様々な物語を秘めている。
現実ではありえない、未知の世界を表現している作品が彼女らしい作品だ。

その後、彼女はチョークアート認定講師として認められチョークアート教室ロビーナを開校。
生徒たちを最高な仲間たちだと思い、教室を運営している。第103回二科展では激戦の中、二科新人奨励賞を初受賞した。

翌年、帝国ホテル インペリアルタワー・ギャラリー内にて受賞者小品展に作品が展示される。

努力と才能が認められ2019年、尾道市内の企画グループ展に参加。
同年、生まれの地である尾道観光大志認定。

アートから尾道市を伝えていきたいと彼女は思い、漢字にした「尾道」の文字に尾道市内の観光名産所を描いた。
地域のみならず、県外からの観光客からも好評を得ている。

尾道市立栗原北小学校では、学校の玄関口を教室生と描き、児童たちと「日本一最幸な学校」をテーマに幸せを呼ぶ窓アートを表現した。

海の環境を訴えた「Natural」(二科春季展・東京都美術館展示)を同小学校へ寄贈し環境教育にも活用した。

子どもたちからの歓喜ある声に感動し、彼女はこれからのアーティスト仲間がこの中の子たちの中にいるかもしれないと予感した。

現在はチョークアート・窓アート問わず壁画制作、講演会で学生たちへ激励の言葉をかけるなど、活動の幅を広げている。彼女は、更に飛躍していく。

OOHARA, Yuka (1988- ) was born and raised on an island of Onomichi City in Western Japan, surrounded by mountains, the sea, and a rich natural environment. She has a strong motivation of innovation and creativity in drawing and painting. She was attracted by Chalk Art drawings in oil pastels in Australia while she was there for a language course. She returned to Japan, but again she went back to Australia to study Chalk Art. In February 2011, she graduated from a Professional Course in Chalk Art, and returned to Japan. She has accepted orders, produced works of art on order,displayed her works at exhibitions and held her own personal exhibitions. About the time of her professional course in Australia, she got to know the real pleasure of creating art works for the first time. She left the company she had worked

for and decided to devote herself to her job as a freelance chalk artist.Ms. Oohara's desire for creative art became greater and greater, and she started to exhibit her art works not only in

Hiroshima, Tokyo, Yokohama and in other areas of Japan, but also in Los Angeles, Italy (Bologna) and abroad, and her chalk art works have attracted more and more fans. While she was at work on her art creation, she discovered she was good at making pictures of plants to express herself visually. (Title of Art Work: Inner Fire) Her way and style of expression, composition and coloring has been well received, rated highly, and accepted for the Nika Art Exhibition.(Nikakai: "Nika Association", an association of artists, and an art organization which has produced quite a number of artists in Japan) Her art works are rich in brilliant colors with bold compositions and have attracted people to view them and imagine various kinds of hidden stories. It is just like Yuka to produce such works to express an imaginary,

unknown, implausible world.In 2016, Oohara was recognized as a certified chalk art lecturer. She opened her own chalk art classroom "Robina" in 2017, and now she has been running it happily, thinking of her students as her best friends. In 2018 at the strict judging contest of the 103rd Nika Exhibition, she received the Nika Newcomer Encouragement Prize for the first time. In the following year, the work was exhibited in the winners' exhibition at the Imperial Hotel Imperial Tower Gallery. In recognition of her talent, she was certified as a member of Onomichi Art Association(Onomichi Bijutsu Kyokai)in 2019. In the same year, she was also certified as a Tourism Ambassador of Onomichi, where she was born. She wanted

to convey some aspects of "Onomichi" through art, and drew the sightseeing spots in Onomichi together with characters written in "Kanji" as "Onomichi". It has been well and favorably received by tourists from outside the prefecture as well as from this area. She drew a chalk and window art work on the glass front doors of Kurihara Kita Elementary School,

Onomichi City, together with her private classroom students and the students of this school under the theme of "the Happiest School in Japan". In addition, she donated "Natural" (displayed at the Nika Spring Exhibition, Tokyo Metropolitan Art Museum), which appealed to the sea environment, to the elementary school and used it for environmental education. Impressed by the joyful voices of the students, she foresaw that upcoming artists might be

among them.Oohara is currently expanding her range of activities, including making murals (wall paintings) regardless of chalk art or window art, and giving encouragement to students at her lectures.

経歴

1988 広島県生まれ。油彩画を長らく描いていた故祖父の影響を受ける。
2010 福山大学卒業。
2007  オーストラリアで語学留学中、本場のチョークアートに出会う。
2011 絵画活動をしたいと就職活動をせず資金を貯めて、チョークアートの手法を生み出したモニーク・キャノンの下でチョークアートを本格的に学ぶ。プロフェッショナルコース取得。帰国後、atelier YUKAとしてオーダー受注を受けるなど、地道に作品制作活動を始める。
2016 白墨堂 モニークチョークアート協会 シルバーティーチャー取得。
クリエイターEXPO出展。デザイン、商品化・展示依頼を受ける。
会社員を退職。絵画活動で食べていこうと志す。二科展初入選。周囲の反応が変わりプレッシャーを感じ一時期描けなくなるが、信頼ある人たちからの励みもあり制作再開。
アメリカ・ロサンゼルス/ファイブギャラリー「日本人3人展」展示
新宿通りギャラリーにて都内で初めての個展開催。展示作品一部、売約。
2017 尾道チョークアート教室 Robina(ロビーナ)を開設。
JBA日本ボードアート協会 オファリングボードライター取得。
2018 西日本豪雨災害の影響・祖父の死から悲しい体験が続くが、尾道市美術展入賞、目標だった画廊珈琲・孔雀荘にて初めての個展を開催した。
尾道市立栗原北小学校、最幸プロジェクト(大原(郁香)美術館)開始。
開始日、103回二科展・新人奨励賞受賞のお知らせを受ける。
2019 尾道美術協会主催の展示会参加。
新宿通りギャラリー常設展始まる。(2019.07.14閉館)
尾道観光大志就任となり、尾道をテーマとした作品を商品化。
(尾道市立美術館内・千光寺内一部売店販売)
尾道観光協会会員。
チョーク&サインアートプロジェクト ホビーティーチャー取得。
二科.・春季展出品した海の環境をテーマとした「Natural」を尾道市立栗原北小学校へ寄贈。学生たちの反応と環境をテーマに教育現場へ活かされる様子を見て感動し、恩人である新宿通りギャラリーのオーナーの急逝と続く。きっかけに、人の心を豊かにする絵画活動と、子供たちと未来へ向けて自然との調和・コミュニケーションの大切さ・互いの個性を認める素晴らしさをアートから伝えるアーティストを志す。
2020 モニークチョークアート協会 シルバーティーチャー・グレードアップ取得。
「広島Web公募美術展 絵画系」入選

個展

2012 「atelier YUKA チョークアート展」広島銀行 向島支店
2013 「atelier YUKA チョークアート展」おのみちecoライフ館
「atelier YUKA 第2回チョークアート展」広島銀行 向島支店
2014 「atelier YUKA チョークアート展」やまねこカフェ、広島
「atelier YUKA 第2回チョークアート展」おのみちecoライフ館
「atelier YUKA 第3回チョークアート展」広島銀行 向島支店
2015 「atelier YUKA 第4回チョークアート展」広島銀行 向島支店
2016 「atelier YUKA チョークアート展」Fantasy space、広島
「atelier YUKA 第5回チョークアート展」広島銀行 向島支店
2017 「彩縁 Bright a chance. チョークアート展」おのみちecoライフ館
「20`s LAST CHALK ART EXHIBITION  OHARA YUKA」カップ麺ギャラリー、東京
「atelier YUKA 第6回チョークアート展」広島銀行 向島支店
2018 「Re:START 大原郁香 チョークアート展」孔雀荘、広島
2019 「チョークアート作品展」ラテハートカフェ・mimi小屋、広島
「大原郁香・チョークアート展」新宿通りギャラリー、東京

グループ展

2013 「Episoding Art 旗揚げイベント My Dream~我的心願」台湾師大、台湾
2016 「クリエイターEXPO」東京ビックサイト、東京
「第101回 二科展」国立新美術館、東京
「第2回 Christmas Art Competition」横浜赤レンガ倉庫、神奈川
2017 「第101回 二科・広島巡回展」広島県立美術館、広島
「Creators Factory International Agency in bologna book fair」イタリア
「日本3人展」 The Hive Gallery、アメリカ
「第38回 二科・広島支部展」広島県民文化センター、広島
2018 「第5回 広島市の祭典/文芸・美術展」JMSアステールプラザ、広島
「第62回 尾道市美展」尾道市立美術館、広島
「第39回 二科・広島支部展」広島県民文化センター、広島
「第103回 二科展」国立新美術館、東京
「チョークアート教室 Robina教室展」おのみちecoライフ館、広島
北広島市チョークアート教室スタジオアーペ主催・専教寺天井画、広島
2019 「第103回 二科・広島巡回展」広島県立美術館、広島
「2019・春季二科展」東京都美術館、東京
「第6回 広島市の祭典/文芸・美術展」JMSアステールプラザ、広島
「第40回二科広島支部・絵画展」広島県民文化センター、広島
「第103回二科展受賞者小品展」帝国ホテル・インペリアルタワーギャラリー、東京
「尾道開港850年記念・第37回総合文化祭 尾道の美展」、広島
「チョークアート教室 Robina・第2回教室展」尾道福屋・おのみちギャラリー、広島

受賞歴

2016 「第101回二科展 絵画部」入選・広島二科新人賞
2018 「第62回尾道市美術展 デザイン部」尾道市文化協会賞受賞
「第103回二科展 絵画部」新人奨励賞受賞
2019 「第104回二科展 絵画部」入選
2020 「広島Web公募美術展 絵画系」入選

メディア

2012  山陽日日新聞「atelier YUKA チョークアート展」掲載
2013  ちゅぴCOMおのみち「atelier YUKA 個展」放送
中国新聞「タウンリポーター発」掲載
山陽日日新聞「atelier YUKA 個展」掲載
2014  尾道市向島情報誌「sima-sima」掲載
2016  山陽日日新聞「atelier YUKA 第5回チョークアート展」掲載
2017  ちゅぴCOMおのみちゲスト出演
広テレ「こだわり人」出演
FMふくやま ゲスト出演
中国新聞 掲載
山陽日日新聞「尾道チョークアート教室 Robina」掲載
2018  毎日新聞「ひろしま人」掲載
びんご経済レポート「尾道チョークアート教室 Robina」「この機に」掲載
FMふくやま ゲスト出演
ちゅぴCOMおのみち放送
山陽新聞 掲載
中国新聞 掲載
2019
尾道新聞 掲載
朝日新聞 掲載
ちゅぴCOMおのみち放送
ちゅーピー子ども新聞 掲載
2020
尾道新聞・朝日新聞 掲載
週刊おのきたにゅーす 掲載
ちゅぴCOMおのみち放送

ワークショップ

2016 「チョークアート体験レッスン」Fantasy Space、広島
おのみちHappy Garden、広島
倉敷山陽カルチャープラザ、岡山
広島リビングカルチャー、広島
福山リビングカルチャー
東広島ちゅーぴーカルチャーセンター、広島
中国新聞文化センターイオン三原教室、広島
中国新聞文化センター東手城教室、広島
2017 山陽新聞カルチャープラザ倉敷教室、岡山
おのみちHappy Garden、広島
2018 尾道典礼会館、広島
SOKEN MARCHE vol3、広島
尾道市社会福祉協議会、広島
尾道勤労青少年ホーム、広島
住友生命保険相互会社 福山支部、広島
塩見会館、広島
宇立公民館、広島
ふれあいホームタウンみどりまち、広島
「みんなのわ和輪」カフェ・リンダ・フェリーチェ、広島
神村公民館、広島
ステージ因島・向島展示場内、広島
2019 若葉家具 暮らしの音 のとこ
おのみちHappy Garden、広島
尾道勤労青少年ホーム、広島
上下町・あやめ祭り、広島
おのみちキッズフェスタ、広島
HAKKOパーク・因島万田
茉莉花マルシェ、広島
うさぎや文房具・福山南店、広島
瀬戸内みはら美味しいマーケー、広島
Music&marche M・マリーナホップ、広島

デザイン提供

2016 携帯カバーケースデザイン スマホフリーク株式会社辻村、楽天ショッピング
筆ぐるめ24、25 年賀状・ハロウィンカード デザイン
2017 Ramen&Dinining Bar casalingo チラシ、メニュー表デザイン、広島
2018 ゆりかご助産院 パンフレット・名刺デザイン、広島

作品・看板・壁画

2013 花のみやさこ、広島
2017 ニチエー サンライズ店(お酒コーナー)、広島
パンのなる木、広島
カフェ・バー みなも、広島
2018 有限会社 ジュエルグラン スエムネ松永店、広島
カフェ・リンダフェリーチェ、広島
2019 尾道駅駅舎 駅構内(受賞作品:Motion、せとうちBon voyage)、広島
新宿通りギャラリー、東京
尾道市立栗原北小学校(二科春季展作品:Natural)、広島
株式会社エムトレーディング、広島
タピオカ専門店・茉莉花/リム福山8階、広島
因島総合病院2階ギャラリーコーナー、広島
一棟貸コテージ サンセットビレッジ、広島
おしゃれサロン オカモト、広島

窓アート

2018 尾道市立栗原北小学校・第1回 山と春、広島
画廊珈琲 孔雀荘、広島
2019 ドライヘッドスパ専門店 &M、広島
尾道市立栗原北小学校・第2回 海と夏、広島
美容・理容院バーバーシスター、東京
2020 尾道市立栗原北小学校・第3回 藤井川と秋、広島

講義・演説

福山大学・人間文化学科/現代アート チョークアート実施・講義、広島
尾道市立向東小学校・二分の一成人式/ゲストティーチャー、広島
尾道市立浦崎中学校・立志式/激励の言葉、広島